松戸市での家族葬の際には弔電は贈るべきかまた受け取るべきか

家族葬で気になる点の最たるもの

現在、松戸市にお住まいの方で、終活等の一環で希望のお葬式の形式を考えているという人もいるのではないでしょうか。色々な形式がありますが、現在人気なのが家族葬という形式です。家族や親族、本当に親しかった友人等の身で取り行うお葬式のスタイルは、近年のライフスタイルの変化等による要因を背景にここ松戸市でも人気が高まりつつあります。ただ、比較的新しい形式の式になるので、葬儀の際には色々と再確認しておかねばならない点があります。その中の最たるものが、弔電を受け取るべきか、また、家族葬があると知らされた時にせめて感謝の気持ちだけでも送るべきかという点です。

基本的にどうすれば良いのかを知る

家族葬の際には、香典やお供え物の類は受け取るのを辞退する場合がほとんどですが、弔電は基本的には受け取る、もしくは参列出来ない際等に贈るというのが一般的です。香典等は贈られた際にお返しが必要になるため、贈る側も自重する事がほとんどですが、これに関してはそれが必要無いので、どうしても故人への気持ちを伝えたいという場合には受け取る事を基本に考えておくと良いでしょう。ただ、送る際には必ず遺族側の要望を聞いてから送る事や、お葬式を挙げる側の時には、葬儀に参列しないが、関係の深かった人等への事前連絡の際に受け取るか受け取らないかという点を明示しておく必要があります。

ケースごとの対応等を確認しよう

まず、受け取る際の流れを確認します。葬儀に参列しないが事前に連絡をする人たちへ弔電を受け付けるという旨の案内を出します。この事について何も書いていなければ基本的に受け付けるという事になっていますが、相手への気遣いを考えて、明記しておくと良いでしょう。そして送ってくれた人へ、葬儀が終わった後にお礼状を出します。その時期としては、葬儀が終わった後すぐに、媒体としては手紙が最も望ましいでしょう。この記述の際には、差出人は基本的に喪主とし、それに加えて親族一同等という文言を付けておくと良いでしょう。次に、辞退する場合の流れになります。香典等と同時にお断りする場合には、必ず受け取りを辞退するもののリストの中に加えておく必要があります。先述の通り、取扱に関して何も記述が無いものは、相手に送って良いものと認識されるので、記述を必ずするようにしましょう。また、辞退したにも関わらず送られてきた際にも、お礼状を送る事は忘れないようにしましょう。松戸市には、このような事を相談出来る葬儀社等が多くあるため、不安に思う事があれば相談すると良いでしょう。

記事を共有する