参列しやすい家族葬のホールなどを松戸市では用意しています

葬儀などの考え方が時代と共に変っている

松戸市はこれからの生活を支えるための行政サービスが充実していることから、ファミリー世帯に向けた過ごしやすい提供をしています。そのためにマタニティライフを考えている世代から、高齢者ではこれからの余生を考えたプランも充実していることでも安心できます。高齢者の中には自分の亡くなったときの葬儀の心配をする人も増えていますので、松戸市では一般葬から家族葬まで幅広く取り入れたことができてサービスを提供しています。特に近年は家族葬が流行っているのも、家族だけでひっそりとやってほしいという願いを持った家族が大勢いるからです。そしてメリットとしては小規模におこなうことができることで、家族への負担が大きくならないということがいえます。費用面ではコストパフォーマンスがよく、参列者の飲食代や返礼品にお金がかからないというのもメリットです。

家族との別れに時間をかけることができます

少ない人数でおこなうことですから、より日常生活で近い家族が集まって見送ることができるのもメリットです。遠くにいる親戚に連絡をして来てもらうことも大変ですし、来てもらってもなかなか手配がうまくいかないことも少なくありません。そうならないようにごく身近な家族だけで過ごすことはとても大きな意味を持っていますし、他の参列者に気を使わないぶんだけお別れを偲ぶ時間を使うことができます。よくあるのは親族が遠くからきていることから、おもてなしをするのに時間がかかったりゆっくりとできないことで、いつの間にか故人とお別れをすることができなかったということです。これだと今まで一緒に過ごしてきた家族が優先されずに、遠くからの親族だけに気を取られてしまい、通夜から火葬まで心の整理ができないまま終わってしまうことになります。すぐに心の整理をしていくにも家族葬はとても安心できますし、気のおけない家族と一緒なのでゆっくりと過ごすことができるが魅力です。

変更をすることが可能なので理解があります

また一般葬では今までの流れを重視するあまりに内容を変更できないこともありましたが、家族葬では参列する家族が自由に変更することができますし、オプションなども削除することができます。要するに遺族の方を反映した葬儀をすることができるので、安心して見送ることができるのと費用面でもコストパフォーマンスが助かるのが大きなメリットです。松戸市では小規模でできるだけのホールを複数用意してあるので、老後を生きる人にとっても住みやすい環境になっているといえます。

記事を共有する